収入証明が必要な場合ってどんなとき?

収入証明が必要な場合ってどんなとき?

そもそも収入証明とは何でしょうか?簡単に言えば、その人が借りた金額をしっかり返せる能力を明らかにするものです。これは貸金業法に基づいており、銀行・消費者金融いずれかに関わらず、すべてお金を貸す業者に求められているものです。収入を証明する書類には、毎年1回会社から発行される源泉徴収票、確定申告書、一定期間の給与明細、所得を証明する公的書類が挙げられます。そして、これらのうちどれかの提出が求められるときは、各貸金業者によって異なりますが、各貸金業者が定める一定額以上のお金を借りようとする場合に審査のため、つまり返済能力があるかなどの情報を処理するために求められます。ですので、Webなどでその情報をよくリサーチし、必要な場合はすぐに提出できるようにしておきましょう。そうでないと信頼されず、貸してもらえないかもしれません。

収入証明書が必要な場合っていくらから??

先ほど言及しましたように、貸金業者によって異なりますが、大半は50万円以上から、などの比較的低い額であれば不要です。つまりそれ以上であれば絶対に必要です!と言われます。しかも、もし複数の貸金業者から借り入れしている場合、その借り入れ額の合計が100万円を超える場合などにも必要になるようです。貸金業法により、総量規制、つまり年収の3分の1以上借りようとしていないか、または現に借りてしまっていないか、返済できるのかどうか?などアイフル口コミを確認しないと、彼らも後日追及されてしまいますから、それを逃れることは絶対にできません。いずれにしても、Webなどで収入証明書が必要な条件をしっかり確認しておきましょう。