30代にも急増、スマホ老眼とは?

30代にも急増、スマホ老眼とは?

老眼ときくと若くても45歳以上で発症して、加齢によって引き起こる目の調節機能の低下という印象が強いと思います。
原因としては加齢にともなって目の調節機能が衰えてしまい、近くのものにピントが合いにくくなり状態のことです。
近視や遠視は、目の軸の長さと角膜や水晶体の屈折力が関わっている屈折異常によるものなので、この状態とは全く異なります。
しかし最近ではスマートフォンやタブレット端末などの使用の増加により、30代でもスマホ老眼を発症する人が増えてきているのです。
人間は通常遠くを見ているときは遠くを見る用にピントを合わせています。
スマホは手元で操作するものなので、画面を見ているときは遠くを見ているときのピントでは合いませんので、近くにピントを合わせます。
目の中の水晶体という部分のレンズを膨らませて近くにピントを合わせるのですが、これらのことを調節と言います。
スマートフォンの画面を長時間見続けているということは、目の中の水晶体が膨らみ続けているということになります。
近くにピントがあったままで急には元にもどらないのです。
こうした調節緊張の状態が続くと調節する力そのものが低下し、近くのものも見づらくなってしまう状態になってしまいます。
これをスマホ老眼と呼びます。
繰り返していくうちに重篤化するケースが報告されているので、長時間小さな画面を見続けない、目の運動を適度にするなどの処置が必要になってきます。
スマホ老眼改善の方法なども合わせて確認して行きたいですね。